top of page

2022.12/1-5 サイパン最高!

コロナで長い間閉ざされていた海外への道。 日本の水際対策が緩和されワクチン3回接種済みなら帰国時のPCR検査が不要になり、やっと海外へも行けるようになりました。 ※サイパンのコロナ事情はこちらの記事をお読みください。 「ぶっちゃけ今、海外ってどうなの?必要な手続きは?コロナは大丈夫?」

ーーーーーーーーーーーーーーーー


遂に海外解禁! 3年ぶりの海外! 大好きなサイパンに行ってきました!

思えば緊急事態宣言が出る直前の2020年3月、最後に行った海外はサイパン。 僕の中では初めての海外ダイビングがサイパン。実に19回目のサイパンです! 久しぶりの海外。コロナで何が変わっているのか?いろんなことが心配な半面、ワクワクが止まりません! コロナ前はスカイマークが就航したばかりだったのですがコロナ中に敢えなく撤退。 サイパン便は途絶えていたのですが新たにユナイテッド航空が就航。 しかも就航記念サンキューセールで往復¥39,000ということでこれは行くっきゃない!

今回はお客さまのいない単独行。完全OFFモードでの出発です。 大船からリムジンバスで羽田空港へ。 このバスもコロナ中は運行休止していたのですが、いつの間にか運行再開していました。 羽田空港へ到着

あれ、カウンターが見当たらない? → informationへ

すみません、ユナイテッドのカウンターはどこですか?

→ どちらへ行かれますか?

サイパンです。

→ ??? ・・・チケットを拝見できますか?

はい

→ こちら、明日のご出発になっておりますが…

あ・・・😓


なんか最近ワールドカップ観戦で昼夜逆転していて曜日の感覚がずれてたみたいです? ま、昨日の出発になってなくて良かったです💦(笑) ーーーーーーーーーーー ということで翌日に出直し。同じくバスに乗り込んで出発。 うーん、なんかザワザワする・・・なんだろう?忘れ物?・・・(バッグを点検)・・・ パスポートはある、財布もある、eチケットもある・・・出発時間は・・・ターミナルは・・・ げ!NRTって書いてある! 羽田じゃなくて成田だった! 直行バスなので途中下車は出来ない。とりあえず羽田まで行くしかない。 乗換案内を検索。ダメだ間に合わない。絶体絶命! いや待てよ、空港間直通バスがあるはず、行けるか? 羽田から成田まで1時間20分。40分前に成田に到着。 カウンターに駆け込んでギリ間に合いました!よかったー!!


無事乗り込みました! 9:45発の深夜便だけどちゃんと機内食が出てきました。夕食食べる暇がなかったので助かったー。 この便にはサイパンの慰霊団の方達が乗っていたのですが、この日お誕生日の91歳のご婦人がいらして機長のアナウンスでハッピーバースデー。フライトアテンダントさんに連れられてファーストクラスへ移動されたようです🎂

夜中の2時にサイパンへ到着。 ホテルからの送迎でホテルへ。 今まで利用していたホテルがコロナ中に廃業してしまったため今回は「ひまわりホテル」 日系のホテルで1階がスーパーとレストランになっていて便利なホテルです。 室内も清潔で広々。料金も手頃です。

ところで、この日は運命の「日本ースペイン戦」 中学高校とサッカー部で大のサッカーファンとしてはこれを見逃すわけにはいきません! でもサイパンのTVでは中継がなく、頼みの綱のABEMAも日本国内専用なので見れません! 色々調べたところ VPN というアプリを使えば見れると言う事で早速入手してみました。 いやぁ捜すとあるもんですねぇ。

繋がった!見れるんです!後はサムライブルーの勝利を祈るのみ!

そしてまさかの日本劇的勝利!日本サッカー史上最高の夜明け!

カーテンを開けたら祝福の虹が大空に架かっていました

ブラボー!ブラボー!ブラボー! この光景は一生忘れないだろうな🌈

サイパンはほぼ鎖国の状態が続いていてワクチン2回接種率100%! 夏場には少し増えたもののここ数ヶ月は新規感染者数がほぼゼロ。 お店やレストランの人はマスクをしていますが、街中でマスクをしている人はゼロ。平常に戻っています。 僕もワクチンは来る前に5回目を接種、もちろん抗原検査済み。 3年ぶりのノーマスク生活!もうすっごい解放感でした。 感染増加がおさまらない日本ではまだまだ先のことになりそうですよね。 これだけでも本当に来て良かったと思いました!


午前中はお休みして午後からいよいよダイビングへ。 いつもお願いしていたセルフィッシュサイパンの野々垣さんと3年ぶりの対面。お互いに無事で良かったです! この日はラウラウビーチで2DIVE。一緒の便で来ていた他のお客様と合流。 青い海、青い空、ただいまSAIPAN!もう最高です!

2日目午前中はサイパンのメインイベント「グロット」

外界から差し込む光が美しい神秘的な洞窟が世界の絶景と呼ばれるGROTTO

ここに行くには116段の階段を登り降りしなければならないのですが、この難攻不落の階段。 コロナの間に改築されてすっごい歩きやすくなりました! さらに入り口には展望台も作られて景色もバッチリ楽しめるようになりましたよ!

とは言ってもこの階段。タンクを背負っての昇り降りはマジきつい!運よくポーターの人がいたので即決頼んじゃいました。往復$20(笑)116段の階段を降りていくと地底湖のような入り口が。ここが外海と繋がっています。 飛び込み台の岩に渡ってジャイアントエントリー。顔をつけると幻想的な世界が広がります!

光の洞窟に吸い込まれて外海に出るとダイナミックなドロップオフ

なんとか登り切って戻りました。帰り道にある写真ポイント。

午後はボートダイブ。 ずっとお世話になっていたボートがコロナ中に廃業してしまったため新しい船になりました。 この景色たまりません!

他のお客さんと合流していざ出発!

最初のポイントは「アイスクリーム」 マダラトビエイが舞うポイントとして人気なのですがもちろん狙いはそれ。 潜降して数分、ガイドの野々垣さんの指差す方向にはなんと30枚のトビエイが! 遠目だったので写真は撮れませんでしたがその後、根の周りに5枚のトビエイが。 こっちは近くでゆっくり見る事が出来ました。


次のポイントは「ディンプル」 餌付けしているわけでもないのにカスミチョウチョウウオの群れがこれでもかと集まってきます。 前が見えないとはまさにコレ!


翌日もボートダイブ。 が、ここで一波乱! ボートを運ぶ車のキャリアが壊れて(錆でタイヤの連結部分が折れてしまったようです)船が港に来ません💦 野々垣さんが急いで他のボートを当たってくれていますが、まぁダメだったらビーチでも良いので...。 焦らずのんびり構えて待つことにしてとりあえず朝マックへ(笑) 日本と違って朝マックのメニューが少なく、エッグマックマフィンとコーヒーとハッシュドポテトで$3.95でした。 しばし港で待機。船の手配が出来ました!やったー!野々垣さんありがとうございます。

この日のポイントは沈船(松安丸)と飛行機(エミリー) 水深5〜10m位でいつもはスキンダイビングで行くところですが久々にスクーバでじっくり潜ってきました。 沈船に行く前に、少し離れたところにマダラトビエイが来るところがあるということでまずはそちらへ。 野々垣さんが見事トビエイの群れを見つけてくれました! しかも日本の勝利を祝福してくれるかのようなイレブン! 11枚の群れが離れることなく長い時間悠々と舞ってくれてもう大感動!

もうトビエイづくしのSAIPANです!

ずっと見てるとエアが無くなりそうなので沈船〜飛行機へ移動。 ここで戦争があったことを忘れてはいけませんね。海中には日本と韓国の慰霊碑が眠っています。


午後はサイパンの中の観光地?「マニャガハ島」 ここもいつもの中国人がいないのでガラガラ。 ビーチからスピードボートで10分のスノーケリング天国です!

ちょっとアテが外れたのが食堂。以前は海の家みたいなメニューがあったのですがコロナの後遺症かメニューが韓国のカップラーメンと唐揚げだけでした💦 ま、いいんだけどね。今度からなんか持ってこうっと。

さて、サイパンには美味しいお店がいっぱいあるし、スーパーにも日本食がいっぱいあるので食べ物に困ることはありません。てか、どこで食べようか迷うほど(笑) ただ残念ながらコロナの影響で閉店しているお店も多く繁華街のガラパンストリートはシャッター街になってました。営業しているお店は一人勝ちで大賑わい。

初日はカントリーハウス。毎回初日はここでステーキで気合い入れます!

2日目はサイパンでお祭り!巨大クリスマスツリーの点灯式でした! 公園がイルミネーションでこれでもかと飾られていてとても綺麗!

出店で何か食べようかと思っていたのですが、あまりの長蛇の列にめげて「にんにくや・グロット」へ。 同じ便だったハイブリッジのMASAくん、水中カメラマンのむらいさちさんと合流してミニパーティー!

最終日は野々垣さんに連れてきてもらって海辺のレストラン「 OLEAI 」 ローカルのチャモロ料理で締めくくりました!

帰りは早朝便で3:45ホテル発。寝たら絶対起きられない自信があったので頑張って起きてました(笑)


もうメチャクチャ楽しかったサイパン! 3年ぶりの海外だったのはもちろんですが、いつにも増しての凄まじい開放感! 最初にも書いたようにサイパンはコロナ感染者がここ数ヶ月ゼロ。

ノーマスクで自由に過ごせる開放感がホント天国でした。


サイパンツアー 1月追加します! 1/19-23(木-月)1/26-30(木-月) 詳細はこちら https://www.mikurajima.net/saipan この楽しさを是非みなさんにも体験してもらいたいです! 是非ご参加ください!

特集記事
最新記事