船酔い・クラゲ対策・寒さ対策

船酔い対策

ドルフィンスイムの第一の天敵が「船酔い」です。

ドルフィンスイムの際は、1行程2時間船に乗りっぱなし!

普段、船に慣れていない方は酔ってしまうとかなり辛いものですし、せっかくのドルフィンスイムも台無しになってしまいます。

 

船酔いを防ぐコツ

◆近くの物、下を見ないこと。

船酔いに弱い人のほとんどが、下をむいてじっとがんばっているのですが、これは最も酔いやすいパターン。

出来るだけ遠くをぼんやり見るようにしましょう。

気持ちが悪くなりそう。と感じたら目をつぶってしまうのが一番です。

◆器材の脱着は素早く

揺れる船の上でフィンをはいたり脱いだりしなければなりません。

この時にもたつくと一気に酔ってしまいます。

自分のフィンで素早く脱着できるように練習しておきましょう。

 

「自分は多分、大丈夫」という思い込みはキケンです(^_^;)

船に乗る経験が少ない方は必ず「酔い止め薬」を 飲んでおいて下さい。

オススメの薬は写真の「アネロンニスキャップ」(子供用シロップも有ります)

※薬局・ドラッグストアで:6錠入¥1,000位

 

 

 

 

◆クラゲ対策・日焼け対策

ドルフィンスイムの第2の天敵は「クラゲ」早い年だと6月頃から出て来ます。

いない所にはいないのですが(当たり 前ですが)いるところにはかたまっています。

たまたまイルカのいた場所がクラゲだらけだったりするともう大変!

カツオノエボシやアンドンクラゲといった猛毒のクラゲもいるので注意が必要です。

「SAFE SEA」を塗っておけば、ほとんど刺されないし刺されても最小限の被害ですみます。

日焼け止め効果(SPF50)もありますので これ1本あると重宝します。

現地にも用意してあるのでご希望の方はお申し出下さい。(¥1,000)

 

◆寒さ対策

夏のお天気が良い日は大丈夫なのですが、春、秋、くもりや雨の日は船上でかなり身体が冷えてしまいます。

寒さ対策としてダイビング用のボートコートや、防水のウインドブレーカー等を用意しておくと安心です。

御蔵島は雨の多い島です。

不意の雨にも便利ですので是非一枚ご用意下さい。