ルールを守って楽しもう

 

御蔵島周辺の海域はイルカ達にとって出産子育ての場所であり、また社会生活を営み一生を過ごす場所でもあります。

イルカの事を知りイルカの気持ちになって行動する事。 イルカ達の生活を妨げないよう、私たち人間とイルカがいつまでも共存出来るように マナー・ルールを守って楽しみましょう。

 

イルカにさわらないこと、イルカに向けて手を伸ばしたりしないこと

私達だって知らない人に触られたらイヤですよね。

嫌がるイルカが2度と人間に近寄らなくなってしまう可能性もあります。
せっかく近くに来てくれても平泳ぎのように手をかいただけでサッと逃げてしまいます。 

泳ぐ時はフィンをうまく使って、手をかかないようにしましょう。

 

子連れのイルカの群れを追いかけないこと

生まれて間もない子イルカを連れているグループは神経質になっています。

こちらから近づいたり追いかけることは絶対にしないでください。

 

人間に興味を持たないイルカをむやみに追わないこと

イルカも嫌がるし追いかけても疲れるだけ!
泳ぎ去っていくイルカを追いかけないで周りや後ろを見回してください。
意外とすぐ後ろから来たりしますよ。

 

からみ合いと呼ばれている状態のイルカに近づかないこと

グルグルと渦を巻くような形でからみ合っているイルカたちは興奮状態で危険なこともあります。

邪魔をしないように水面から静かに見るだけにしましょう 。

 

水中カメラのフラッシュは禁止

イルカにストレスを与えてしまう可能性があります 。

カメラの設定は必ずOFFにしておいてください。
 

自撮り棒は禁止

長い棒状のものはイルカにぶつかったり周りの人を傷つけてしまうことがあります。
GoProのアームも長いものは禁止です。短いグリップを使用してください。
カメラを持った手を伸ばしただけでもイルカは嫌がって逃げてしまいます。カメラは体のそばで構える方が良いですよ。

ダイブコンピューターのアラーム音等、音の出るものは禁止

イルカのコミュニケーションを阻害してしまう恐れがあります。
浮上警告音をOFFにするか水中に持ち込まないでください。

 

自分のレベル、体力の範囲内で楽しみましょう

自分の限界を知っていることが大切です。無理をせずに疲れや寒さを感じたら休むようにしましょう。

寝不足や二日酔いも大敵です。安全第一でネ!

 

ドルフィンスイム時の注意事項

 

まわりに注意を払う

ドルフィンスイム中はイルカに夢中になってしまいがちですが、時々まわりを見回して、グループの人たちと離れていないか確認して下さい。多少離れるのは仕方ないですが、自分のいる場所を把握するようにしましょう。

週末やシーズン中は多くのドルフィンウオッチング船でにぎわいます。 一人だけ離れると船から見つけづらく、他の船にはねられてしまう可能性もあり危険です。

 

船の近くで潜らないこと

船の近くで潜ると船上からあなたの姿が確認できなくなります。 気付かずに船を動かしてしまうこともあり、 浮上時に船底に頭をぶつけたり、スクリューに巻き込まれたりしないとも限りません。船の近くでは絶対に潜らないで下さい。

 

船の後方に行かないこと

船の後方にはスクリューがあって大変危険です。また、船長からも見えません。

エントリー・エキジット時も含めて船の中央より後ろには行かないで下さい。

 

岸の近くに行かないこと

ドルフィンスイムは島のまわりで行いますが、岸に近づきすぎると、波によってそのまま

岸に打ち上げられてしまう事 があります。また岸の近くの浅場は岩に頭をぶつけたりしや

すいので、波や流れにも注意して岸に近づきすぎないように気をつけて下さい。

 

浮上時は上を見上げて

潜降後、浮上時には必ず水面を見上げて障害物がないか確認して下さい。

船底にぶつかったり、他のダイバーに蹴られたり、イルカにぶつかったり?しないよう

気をつけましょう。

 

無理な息ごらえは禁物

無理な息ごらえはブラックアウト(失神)の原因になり大変危険です。練習時に自分の息ごらえの限界をよく把握し て、無理に長く潜りすぎないようにしてくだい。余裕を持ってできる範囲内で。

 

非常時には船に向かって手を振る

足がつったり、息が苦しくなったり、何か危険を感じたら、周りの人に知らせると共に、船に向かって手を振って下 さい。(出来れば声を出して)すぐに救助に向かいます。

※水面で手を振るのはSOSサインです。関係ないときにやらないようにしてくださいね ♪

 

海が荒れているとき

波や流れがあるとき、海に入るかどうかは、各個人の責任で判断して下さい。 ガイドや船長が決定する場合もあります。安全第一で行いましょう。