top of page

ドルフィンスイムのルール

 

御蔵島周辺の海域はイルカ達にとって出産子育ての場所であり、また社会生活を営み一生を過ごす場所でもあります。

イルカの事を知りイルカの気持ちになって行動する事が大切です。 
イルカ達の生活を妨げないよう、私たち人間とイルカがいつまでも共存出来るように マナー・ルールを守って楽しみましょう。

 

イルカにさわらないこと、イルカに向けて手を伸ばしたりしないこと

私達だって知らない人に触られたらイヤですよね。

イルカは人に触られることを極端に嫌います。
せっかく近くに来てくれても平泳ぎのように手をかいただけでサッと逃げてしまいます。 

泳ぐ時はフィンをうまく使って、手をかかないようにしましょう。

 

赤ちゃんイルカには近づかない

生まれて間もない子イルカを連れているグループは神経質になっています。

こちらから近づいたり追いかけることは絶対にしないでください。

 

イルカを追いかけない

泳ぎ去っていくイルカは追いかけないでください。イルカにストレスを与えてしまいます。
イルカが通り過ぎたら周りや後ろを見回すと意外と近くにいたりすぐ後ろから来たりしますよ。

 

からみ合いと呼ばれている状態のイルカに近づかないこと

グルグルと渦を巻くような形でからみ合っているイルカたちは興奮状態で危険なこともあります。

邪魔をしないように水面から静かに見るだけにしましょう 。

 

水中カメラのフラッシュは禁止

イルカにストレスを与えてしまう可能性があります 。

カメラの設定は必ずOFFにしておいてください。
 

自撮り棒は禁止

長い棒状のものはイルカにぶつかったり周りの人を傷つけてしまうことがあります。
GoProのアームも長いものは禁止です。短いグリップ(15cm程度)を使用してください。
カメラを持った手を伸ばしただけでもイルカは嫌がって逃げてしまいます。カメラは体のそばで構えるようにしてください。

 

ダイブコンピューターのアラーム音等、音の出るものは禁止

イルカのコミュニケーションを阻害してしまう恐れがあります。
浮上警告等のアラーム音をOFFにするか水中に持ち込まないでください。
​GoProのピピッと言う動作音もOFFにしてください。

 

ドライトップスノーケル、モノフィンは使用禁止

両足が固定されるモノフィンの使用は禁止とさせていただきます​(ロングフィンのご使用は可能です)
リーダーフィン等、先端が尖っているフィンは他の人に当たって傷つける事故が発生しています。取り扱いには十分注意してください。

スノーケルの上部に水の侵入を防ぐ弁がついているドライトップスノーケルは、潜水時に閉塞状態となって危険なため使用禁止です。

日焼け止めに関して

海外のリゾートでも規制されている海洋生物に有害とされる紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは禁止とさせていただきます。
​紫外線吸収剤フリー」と謳ってあるものをお選びください。環境保護のためご協力ください。

※下記を参照してください

 

自分のレベル、体力の範囲内で楽しみましょう

無理をせずに疲れや寒さ、不安感を感じたら休むようにしましょう。

安全第一でお願いします

 

ドルフィンスイム時の注意事項

 

まわりに注意を払う。全員が一緒にいるように。

ドルフィンスイム中はイルカに夢中になってしまいがちですが、時々まわりを見回してグループの人たちと離れていないか確認して下さい。常にガイドの近くにいて全員が一緒にいるように。自分のいる場所を把握するようにしましょう。

週末やシーズン中は多くのドルフィンウオッチング船でにぎわいます。

一人だけ離れると船から見つけづらく、他の船にはねられてしまう可能性もあり危険です。

 

船の近くで潜らないこと

船の近くで潜ると船上からあなたの姿が確認できなくなります。 気付かずに船を動かしてしまうこともあり、 浮上時に船底に頭をぶつけたり、スクリューに巻き込まれたりしないとも限りません。船の近くでは絶対に潜らないで下さい。

 

船の後方に行かないこと

船の後方にはスクリューがあって大変危険です。また、船長からも見えません。

エントリー・エキジット時も含めて船の中央より後ろには行かないで下さい。

 

岸の近くに行かないこと

岸に近づきすぎると、波によってそのまま岸に打ち上げられてしまう事 があります。また岸の近くの浅場は潜った時に岩に頭をぶつけたりしやすいので、波や流れにも注意して岸に近づきすぎないように気をつけて下さい。

 

浮上時は上を見上げて

潜降後、浮上時には必ず水面を見上げて障害物がないか確認して下さい。

船底にぶつかったり、他のダイバーに蹴られたり、イルカにぶつかったりしないよう気をつけましょう。

 

無理な息ごらえは禁物

無理な息ごらえはブラックアウト(失神)の原因になり大変危険です。

練習時に自分の息ごらえの限界をよく把握し て、無理に長く潜りすぎないようにしてくだい。余裕を持ってできる範囲内で。

 

非常時には船に向かって手を振る

足がつったり、息が苦しくなったり何か危険を感じたら、周りの人に知らせると共に船に向かって手を振って下 さい(出来れば声を出して)

 

海が荒れているとき

波や流れがあるとき、海に入るかどうかは、各個人の責任で判断して下さい。 ガイドや船長が決定する場合もあります。安全第一で行いましょう。

初心者の方はウエットスーツ着用

ウエットスーツはライフジャケットの代わりに浮力を確保してくれます。安全確保のため初心者の方はウエットスーツを着用してください。
※三宅島のイルカ船は全員ウエットスーツ着用が必須となります。(2〜3mm厚の上半身のタッパーでも可)

船酔い対策

ドルフィンスイムの第一の天敵が「船酔い」です。

ドルフィンスイムの際は、1行程2時間船に乗りっぱなし!(三宅島の場合は片道40分程度かかります)

普段、船に慣れていない方は酔ってしまうとかなり辛いし、せっかくのドルフィンスイムも台無しになってしまいます。

 

船酔いを防ぐコツ

◆近くの物、下を見ないこと。

船酔いする人のほとんどが、下をむいてじっとがんばっているのですが、これは最も酔いやすいパターン。

出来るだけ遠くをぼんやり見るか目をつぶっているようにして下さい。。

気持ちが悪くなりそう。と感じたら目をつぶってしまうのが一番です。

 

「自分は多分、大丈夫」という思い込みはキケンです!

船に乗る経験が少ない方は必ず「酔い止め薬」を 飲んでおいて下さい。

オススメの薬は写真の「アネロンニスキャップ」(子供用シロップも有ります)

これ以外の薬は船酔いにはあまり効果がありません。

※薬局・ドラッグストアで:6錠入¥1,000位

 

◆クラゲ対策

クラゲのシーズンはG.W.から10月頃まで。特に7~9月はクラゲに刺される被害が頻発します。

カツオノエボシやアンドンクラゲといった猛毒のクラゲに刺されると顔が腫れ上がるばかりでなく
全身がしびれたりショック状態になったりすることもあるので注意が必要です。

肌の露出はなるべく少なくしてクラゲ防止クリームで万全の対策をしてください!

クラゲよけローション 「ジェリーズガード」¥2,400
こちらを塗っておけば、ほとんど刺されないし刺されても最小限の被害で済むので安心です。

当店でも販売していますので購入希望の方はお知らせ下さい。
※ ジェリーズガードは海に有害な成分は入っていません。

日焼け止め成分配合のタイプもありますがバカ殿様のように顔が真っ白になってしまうのでお勧めしません!

​◆日焼け止めについて

日焼け止めに関しては海洋生物に有害とされる「紫外線吸収剤が入っているものは禁止」とさせていただきます。

ご購入の際は「紫外線吸収剤フリー/不使用」と謳ってあるものをお選びください。


下記の製品は海外のリゾートでも問題なくお使いいただけます。当店で販売中です。

​◆女性人気No.1

天然成分100%で有害物質を一切含まない​!

ハワイ生まれの海にも肌にも優しいハイクオリティな日焼け止め
「リトル・ハンズ・ハワイ」¥4,290  部分塗り用スティックタイプ ¥3,300)

​◆オーストラリアのライフセービング協会が作った環境にやさしい日焼け止め

​ビヨンド・ザ・フラッグス」¥2,900

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めはハワイやパラオ等で使用禁止になっています。
一般に市販されている大手メーカーの製品で海外でも使えるのは下記の3点のみです。(メーカー確認済)

🔹コパトーン THE BLUE 【プロテクション UVプラス ミルク】

🔹カネボウ【フリープラス マイルドUV ボディ】

🔹資生堂【サンケア パーフェクト UVプロテクション S】

日焼け止め
bottom of page