イルカ発見からエントリー~遊び方

 

イルカのいるポイントまでどのくらいですか?と聞かれる事がありますが、イルカは

島の周りを泳いで移動しているので、たまたまいたところがポイントになります。

船を出してすぐの時もあるし、30分以上たってから見つかる事もあります。ごく稀で

が海が荒れている時は船がイルカのいる海域まで行けずに遭えない事もあります。

水面を見ているとトビウオが飛んだり、カメが顔を出していることもありますよ ♪
出航〜帰港まで約2時間の行程です。

 

出発

まず、自分の乗る船を覚えて下さい。

「なんとか丸」って船の横に書いてあります。船が多い時は自分の戻る船が

わからなくなっちゃいますからね!

乗船したら、人数が左右均等になるようにすわりましょう。小さな船なので

結構バランスが微妙なんです。船べりに腰掛けると船が揺れた時に落っこち

ますので船の内側にすわるようにして下さい。

 

イルカ発見

1. 船が出発したらキョロキョロとイルカの姿を探してみましょう。

一点を見つめずにボーッと広範囲を見渡すのがコツ です。

探さなくてもいたら教えてもらえますが、自分で見つけるとウレシイですよ!

2. イルカの姿が見えると、船長やガイドの人から「準備して下さい」と声が                            かかります。

フィン、マスクを装着して、いつでも海へ入れるように準備してください。

3. イルカを発見したら、どちらからどの方向へ向かって泳いでいるのかを

しっかり確認しましょう。

4. 船の左右どちら側からエントリーするかの指示がありますので、それに従って

エントリーの用意をします。(エントリー:船から海へ入ること)

エントリーの仕方は船によって異なります。

 

エントリー

5.「入って〜」と声がかかったら、5秒以内?に海に飛び込みましょう。

もたもたしていると、”イルカが通りすぎた後にボチャン”になってしまいます。

焦って先に入った人の上に落ちないように、飛び込む水面をよく確認して下さい。

 

※注意 イルカがすぐそばにいたとしても、声がかかる前に自分の判断で飛び込ま

ないで下さい。船が動いていてスクリューも回っているため大変危険です。

 

6. 海へ入ったら、もう一度方向を良く確認して、イルカの進行方向へ向かって

水面を移動します。イルカに向かってダッシュする人が多いのですが、向かって

来られるとイルカは逃げてしまいます。
イルカの進行方向で待っていて、来たら寄り添うように泳ぐとずっと付いてくれる
確率が高まりますよ。

やみくもに泳がないでガイドの後を付いていくようにすると良いでしょう。

 

7. イルカは必ず自分より下(水中)にいます。顔を上げずに水中をよ〜く見回し

ながら移動しましょう。前方だけで なく左右前後にも目をくばって。

わからなくなったら顔を上げてガイドや船長の指示を見て下さい。

 

アプローチ〜遊び方

初心者の方は、無理に潜ろうとしなくても水面から見ているだけで充分楽しめます。

イルカたちも遊ぶ時には水面近くに来ますので、そばにきたらイルカの動きに合わせ

て水面で回るように泳いだりしてみましょう。

イルカは動くモノが好き!じーっとしてると通り過ぎちゃいますよ。 

 

経験者の方は、なるべく下に潜るようにすると遊べる確率が高まります。

寄ってくるイルカは遊びたくて来ています。上から見ているだけではすぐにつまらな

くなって行ってしまいます。出来れば、常に水中に誰かが潜っているように交代で、

スキンダイビングを繰り返して下さい。水面から見ていてイルカと目が合ったら潜っ

ていくようにすると、そばについて一緒に遊んでくれる可能性が高くなります。

タイミングをはずさないようにがんばって!

 

                       

スキンダイビングが上手ければ、イルカも興味を示してずっと周りで遊んでくれます。

たくさん練習して上手になってくださいね!ただし無理は禁物です。水面移動で息が

上がっている時、疲れている時は無理しないで下さい。無理な息ごらえも禁物です。

呼吸が整っている時だけ、自分が余裕を持って出来る範囲内で行って下さい。

 

エントリー〜エキジットを繰り返す

ドルフィンスイムは一回だけではありません。海の状況にもよりますが、約2時間の

行程の中でエントリー・エキジッ トを何回か繰り返します。

疲れたら無理をせず休むようにしましょう。

 

船に戻るとき〜エキジット

イルカがいなくなってしまったら、いったんグループ全員で集合して船の来るのを

待つか、もしくは船に向かって泳 いで戻ります。船が多い時は他の船に行かないよう

に気をつけてくださいね。船からハシゴを降ろしますので、一人ずつ順番に上がって下さ

い。待っている時は船から目を離さずに、船の後方には行かないように気をつけてください。

フィンは基本的には履いたまま後ろ向きにハシゴを上がります。

船に上がったら次の人のために場所を空けて移動してください。

 

 

自然に対する心構え  

イルカと泳ぐということは自然を相手に海というフィールドに入って行くということです。

年令、性別、体力に関わらず自然はすべての人に平等です。

平等にチャンスをくれる代わりに初心者だからといって手加減してはくれません。

ドルフィンスイムに限らず、すべてのアウトドアスポーツは自己責任において行なわれます。

自己責任とは自分自身の安全管理は自分で行なうという事です。

万一の時、どんなに優秀なガイドやインストラクターでも一度に一人しか助けられません。

普段からなるべく海で泳ぐことに慣れて自然と親しみ無理のない範囲で楽しんで下さい。

 

ドルフィンスイムは野生のイルカに合わせて泳ぐマリンスポーツです。

かなり長い間、水面を泳ぎ回ったり息ごらえして潜ったりと予想以上に激しい運動です。

せっかくイルカと逢えたのにバテて泳げなかった!なんてことにならない様に普段から水泳や運動をして準備しておきましょう♪

 

普段、運動をしていない人がいきなりドルフィンスイムをやるとすぐに息切れしてバテてしまいます。 出発前に2ー3日ジョギングをして息を整えておくだけで全然違いますよ!

是非やってみて下さい ♪