◆イルカは絶対見れますか?

イルカは自然の動物ですし、天候・海況にも左右されるので絶対とは言えません。

海が荒れている時などは、イルカのいる海域まで船が行けない場合もあります。 遭遇率は90%位とお考え下さい。

 

◆イルカと泳ぐのになにか資格は必要ですか?

ドルフィンスイムにダイビングライセンス等の資格は一切必要ありません。

スノーケリングが出来ればどなたでもご参加いただけます。

 

◆スノーケリングをやったことがありません

スノーケリングが初めての方、不慣れな方は必ず午前中のトレーニングをご受講ください。 ほとんどの方はそれでスノーケリングが出来るようになりますのでドルフィンスイムも安心して楽しめると思います。 個人差もあるので、どうしても不安な方にはライフジャケットをお貸しします。

※午前中のトレーニングは海洋状況や到着時間等によって出来ない場合もあります。
出来るだけ出発前にプールでおこなっている
ドルフィンスイムスクールにご参加下さい。

 

◆御蔵島の気温、水温は?ウエットスーツは必要ですか?

南の島ですが気温は東京より少しだけ高いくらいと思ってください。

水温は南からの暖流である黒潮の位置によって大きく異なってきます。

御蔵島は基本的に黒潮の真ん中にある事が多く、黒潮が当たっていれば水温も周りの島より暖かですが離れると急激に冷たくなる 場合もあります。(2~3日で変わってしまう事もあります) 
行く前に 黒潮情報 を見て水温をチェックしておきましょう。

 

目安としては4~5月頃が20度前後。徐々に上がっていき7月下旬~8月で27度前後。10月で23度位といった感じです。
ただし、黒潮が離れてしまうと真夏でも20度を切ってしまう事もあるので注意が必要です。 

夏以外はウエットスーツ着用。7月下旬~8月で水温が25度以上あればウエットスーツなしでもほぼ大丈夫ですが、お天気が悪いと 船の上で身体が冷えるのでウインドブレーカーやボートコートも用意しておくと安心です。

ただし、初心者の方、シュノーケリングの経験があまりない方は浮力確保(溺れないようにするため)のためウエットスーツを着用していただきます。

過去ログはこちら
過去数年間のツアーの様子や水温の移り変わりを見ることができます

 

◆女性一人でも大丈夫ですか?

はい。女性お一人で参加される方も多いのでまったく心配ありません。

イルカが好きで集まった仲間だから初めて会う人同士でもすぐに打ち解けられますよ。

 

◆子供でも大丈夫ですか?

お子様でも泳げる方で海に慣れていてスノーケリング経験があれば大丈夫です。
ただしご参加は小学生以上の方に限らせていただきます。

お子様のご参加についてはこちらのページでご確認ください。
初めての方・お子様連れの方へ

 

◆子供を預けられる場所はありますか?

御蔵島には乳幼児やお子様をお預かりできる託児所等の施設はありません。

宿やスタッフの方でお預かりする事も出来かねます。
申し訳ありませんが、ご参加は小学生以上のお子様とさせていただきますのでご了承ください。

 

◆ペットを連れていけますか?

残念ながらペットを受け入れている宿はありません。

 

◆船酔いが心配です

ドルフィンスイムは一行程約2時間。酔ってしまうとせっかくのドルフィンスイムが台無しです。

「自分は多分大丈夫」という根拠のない自信は禁物です。 ダイビングや釣りなどで船に乗り馴れている方は良いのですが、それ以外の方は「酔う」と思っていた方が無難です。 酔い止めは必ず用意おく事をお勧めします。

酔い止めは「アネロン」というお薬がお勧めです。 これ以外の酔い止め薬は船酔いにはほとんど効きません。これにかぎります!(薬局でお求め下さい)

※御蔵島には薬屋さんがありません!島では買えないので必ず持参して下さい。

 

◆クラゲはいますか?

早い時期には5月頃から出始めます。 特に夏場は絶対いると思っていた方が良いです。 クラゲは海流の関係で1個所にかたまっている事が多いのですが、たまたまイルカのいるところがクラゲだらけだったりするともう大変! 顔などを刺されると悲惨ですし、カツオノエボシやアンドンクラゲ等の強毒性のクラゲだと病院送りになります。

「SAFE SEA 」というクラゲよけのローションがありますので、これを塗っておけばほぼ大丈夫です。 (刺されても最小限の被害ですみます)遠泳大会等の公式グッズにもなっているので効果はお墨付きです。 ウエットスーツやラッシュガードを着ていても、肌の露出している部分には(唇や耳等にも)必ず塗っておきましょう。

 

◆サメはいますか?

まれですが、サメ(ハンマーヘッドシャーク等)を見かける事もあります。

スイム中に見かけても、人を襲う事はまずありませんのでご安心下さい。
ただし近づいたり刺激するような行動はしないでください。

 

◆御蔵島は船が着かないって聞いたんですけど.....。

御蔵島は小さな島で港が一つしかありません。(大きな島には2つ以上あるのですが) 以前と較べるとかなり改善されたのですが、それでも風向きや波によっては船が着かない場合もあります。
でも、そこは御蔵島に通い続けて苦節30年。コロコロ変わる天気と荒波と戦い続けた(笑)ダイブキッズにおまかせください。
着かないのはどうしようもないのですが、欠航した場合は漁船をチャーターして島に渡ったり、島から脱出したりとあらゆる事態を 想定してお客様をサポートします。
東海汽船の就航率は
こちらのページをご覧ください。

 

◆東海汽船欠航の場合はどうなりますか?

東海汽船欠航の場合の詳細は 欠航時のご案内 を ごらんください。

 

◆宿以外で食事をしたり、夜、飲んだりする場所はありますか?

やまや食堂ラーメン、冷麺、かき氷のお店です

美美庵地魚定食、唐あげ定食、カツ丼等。まろやかな味の田舎カレーが人気!

ふくまる商店カレー、スパゲティ等。ジェラートも人気です!可愛いおみやげも豊富。

カンブリ御蔵島唯一のカフェバー風居酒屋です。地酒、焼酎、日本酒、各種カクテル、おつまみメニューも豊富。

 

◆クレジットカードは使えますか?

御蔵島ではホテルや宿も含めクレジットカードの使える場所はありません。(ふくまる商店のみ可) 
郵便局のATMで現金の引き出しは可能です。

オプション料金、レンタル料金のお支払いに限り、当店で VISA、MASTERカードでのお支払いが可能です。

 

◆御蔵島での買い物は?

島にある商店は雑貨屋さんが2軒(西川商店、山一商店)だけで、食料品以外はほとんど買う事が出来ません。

農協/漁協に行けばある程度の日用雑貨がありますが、土日祝は休みです。

薬局もなく酔い止め薬も入手できませんので、最低限の薬は必ず持参してください。
アクセサリー小物類のおみやげはふくまる商店等にあります。

 

◆病院や診療所はありますか?

ドクターが一人だけの診療所がありますが、緊急の場合はチャーターヘリでの搬送となる場合もあります。
ご来島時は必ず保険証をご持参ください。

 

◆携帯はつながりますか?

ドコモ、AU、ソフトバンクはほぼつながります(場所によってつながらない場合があります)
UQやYmobile等の都市型キャリアは繋がりません。

 

◆インターネットはつながりますか?

2018年より光回線が開通しました。ほとんどの宿で利用可能です。
 

◆宿は相部屋ですか?

御蔵島は宿泊施設が少なく島全体で100名程しか泊まれない小さな島です。

メインで利用しているホテル御蔵荘泊の場合でも部屋数が7室しかなく、宿の予約は抽選制で部屋を選ぶことも難しいため、 当店で確保できた2〜3部屋で男女別の相部屋となります。 ご家族やカップル、グループ等で別部屋を希望される場合は、空室がある場合に限り手配致しますがかなり厳しいです。相部屋不可の方のご参加はご遠慮ください。

 

◆ドルフィンスイム以外で遊べるところはありますか?

御蔵島は巨樹の森としても有名な自然の宝庫。 時間があればガイドを頼んで山歩きを楽しむ事が出来ます。 (一部の地域を除きガイドなしでは森には入れません。山歩きのガイドは事前予約が必要です。ご希望の方は島のガイドを手配致しますのでご予約時にお知らせ下さい。¥4,000~) ただ、それ以外に遊ぶ場所といえるようなところはほとんどないです。

何もないところでゆったりした時間に身を委ねる スローライフ が御蔵島の過ごし方です。 

 

◆海水浴は出来ますか?

御蔵島は島の周りがほぼすべて断崖絶壁で、海水浴場はありません。

港の中の指定区域内は遊泳できます。オプションの練習も港の中で行います。

 

◆ダイビングは出来ますか?

御蔵島周辺はダイビング禁止です。 

 

◆釣りは出来ますか?

桟橋からの釣りは出来ます。 ただ、竿は持参しない限り現地での調達は難しいかもしれません。(農漁協にある時もあります)

 

◆レンタカーはありますか?

御蔵島にはレンタカーはありません。レンタバイクや自転車もありません。
島内は自転車禁止なので持ち込まれても乗る事は出来ません。
バスやタクシーもないので、島内の移動は徒歩のみとなります。

 

◆御蔵島泊と三宅島泊のツアーがありますが、どう違うんですか?

イルカが住んでいるのは御蔵島の周りなので、三宅島泊の場合は漁船で御蔵島まで来てドルフィンスイムをすることになります。

三宅から御蔵までは片道約50分。船も途中かなり揺れるので、イルカのいる海域に着いた時には船酔いでグッタリという人も多く、船に慣れない人にはかなり辛い道のりです。 
 

御蔵島のドルフィンスイム船は10人乗り程度の小型ボートで小回りがきくので乗り降りもしやすくドルフィンスイムには最適! 船の喫水(水面からの高さ)も低いのでイルカとの距離が近く、イルカをよく間近に感じられます。 船に乗っている間中、すべてがイルカとの遭遇チャンス。早ければ港を出て2~3分でイルカと遭遇~ドルフィンスイムです。 
 

それに対して三宅島の船は大型の漁船なのでなかなかイルカの近くに寄せられず、乗り降りにも時間がかかるのでやりづらいです。 また往復に時間を取られるのでドルフィンスイムの正味時間が短くなってしまうという難点もあります。 ただし、東京からの東海汽船は御蔵島が欠航の時でも三宅島には着くのでツアー自体がつぶれたりする事がなくその点では安心です。

 

ダイブキッズではドルフィンスイム自体の楽しさを最優先に考えて御蔵島泊のツアーを行なっています。
また、東海汽船が着かなかった時の事を考えて、御蔵欠航の時には三宅島泊に振り返られるよう事前手配をして出発していますので、 せっかく行ったのにイルカに会えずに船旅だけでおしまい(泣)という事も出来るだけないようにしています。
ドルフィンスイムの楽しさをメインに考えるならゼッタイ御蔵島がオススメ。 のどかな島の雰囲気もとっても癒されますよ。

 

・御蔵島の長所:ドルフィンスイムが圧倒的にやりやすい。島の雰囲気が良い。イルカとの遭遇率が高い。スイム回数が多い。 

・御蔵島の短所:東海汽船が欠航になる事がある。 

・三宅島の長所:東海汽船が欠航になる事が少ない。

・三宅島の短所:御蔵島までの移動時間が長く船に慣れていない人には辛い。ドルフィンスイムがやりにくい。 

 

 

良くある質問 Q&A